HSR九州 スポーツ走行 2019.11.4

冷却水漏れが起きてショップに預けていたデイトナ675R。修理は無事に完了し、HSR九州を走ることにしました。文化の日の振替休日、11/4(月)は快晴でした。

f:id:sundayrider:20191106230146j:plain

 

 

 

予習
今回は走行前にこちらの動画を見て予習します。


鈴鹿8耐 ライダーのライテクがエグい!練習に密着!手元カメラ映像アリ 中級者向けライテク

 

全日本ST600で優勝経験のある(&鈴鹿8耐SSTクラス優勝ライダー)岡村選手の走行シーンがあり、物凄く参考になります。
特にライン取り。僕の場合非常に低レベルな話で、どういうラインを通るかという以前にそもそもコース幅を有効に使えていないことが、岡村選手の走りと自分の動画を見比べて痛感しました。僕の走りはコーナーへのアプローチで目一杯アウトまで寄れていないし、クリッピングでインに付けない。極端に言えばコース幅の半分くらいしか使わずに走っているようなものです。動画の中で岡村選手が言っていますが、今までより1mアウトに寄る・インに付くことで車速が上がり、結果タイムが縮まる。速く走るというのは、そうした少しずつの積み重ね以外にありません。
とはいえ、ゆっくり走ればコース幅ギリギリを通ることができても、ペースを上げていくと乗り手の操作に余裕がなくなるわけで、その状態で狙ったラインを正確に通るのは簡単なことではありません。ストレートエンドでフルブレーキ、リアの接地感は失われウネウネと挙動が乱れる中、アウトに目一杯寄ってもし何かの弾みでコースをはみ出してしまったらどうしよう。そんな恐怖感からついマージンを取って内側を走ってしまいます。正確なライン取りというのは、余裕の少ない状況とスピード感の中で針の穴に糸を通すようなスキルが求められるということで、誰もが一朝一夕に出来るものではありません。


余談ながら、先日のMFJグランプリでは秋吉選手のコスモを感じる走りが話題を呼んでいました。ヤマハファクトリー2台を従えて物凄いラインを通っています。宇宙人と呼ばれるゆえんですね。(ゼッケン090、オレンジ色のマシン) 

 

こんな走りは無理だとしても、今回はコース幅をいっぱい使うライン取りの基本に取り組むほか、岡村選手の走りを参考に最終コーナーやバックストレートに繋がる高速コーナーの走り方を工夫してみることにしました。

 

 

 

マシンチェック、練習走行
まずはマシンチェックを兼ねてS3枠を走ります。走行前の暖機を念入りに行い、クーラント漏れがないことを確認。走行を開始し、1周したらピットインして車体をチェック。クーラント漏れはありません。次にS3枠に合わせて1分20秒くらいのペースで数周走り再度ピットイン&車体チェック。マシンに異常なし。これだけ確認して問題なければ、もう大丈夫。

 

2本目からはS1枠に移動して、速い人たちに揉まれながら走ります。ところが、先月の走行で(自分の漏らしたクーラントに乗って)リアが滑った感覚を身体がまだ覚えており、深くバンクさせようとするとお尻がムズムズします。それに、どうも体の動きが重くてイメージ通りの操作ができません。倒し込み・切り返しの動作がワンテンポ遅れたり、酷い時はステップから足を踏み外したり…。最近忙しくて、日頃の疲れが溜まっているのかもしれません。走り込むうちに身体がほぐれてきて動けるようにはなってきましたが、結局アベレージで11秒台、10秒に入ったのは1ラップだけでした。
前回の記事でアップした動画は、この日唯一の10秒台です。

 

 

 

課題
コース幅を一杯使ったライン取りは、意識して走った分今までよりマシにはなりましたが、まだまだ全然甘いです。これは今後も継続して練習しないといけません。
それと、他のライダーと比べて2ヘア後のS字区間が特に遅い。

  • 体の使い方が悪く、切り返しが遅い。狙ったラインを通れていない。
  • そもそもどのラインが正しいか分かっていない。
  • どこで加速し、どこを我慢するか分かっていない。2ヘアの立ち上がりで一旦加速するものの、勢い余って次の右→左が遅れる。結果、その後の直線に繋がる加速のタイミングが遅れている。

ここが遅いことはハッキリしているのですが、どうしたら改善できるかがよく分かりません。ワンパターンに陥らずいろんな走り方を試さなければ。

 

最終コーナーも課題です。ここは右・右と続く複合コーナーで、今回は1つ目の右はインにつかず、奥の右でクリッピングをしっかり取って加速に繋げるラインを意識しました。この走り方で良さそうなのですが、1つ目の進入速度をもう少し上げて(減速し過ぎないで)一旦アウトに膨らみ、奥で向き変えができればより脱出速度を上げられるのではと考えています。

 

他にも1・2コーナーや高速コーナーに課題があって、まだまだ遅い箇所だらけ。自分の遅さ、スキルの未熟さを実感しています。それは同時に、ライディングの奥深さを実感することでもあり、こうしてブログに綴るのが楽しくて仕方がありません。
課題が見つかるとバイクは一層楽しくなりますね。

f:id:sundayrider:20191106230149j:plain

RaceChrono

11月頭の連休を利用してHSR九州を走りました。
書きたいことがたくさんあるので記事を2回に分けてアップします。


最初の記事は走行動画について。今までの動画はGoPro内蔵のGPSデータを表示させていましたが、今回から新たに「RaceChrono」(レースクロノ)というスマホアプリを使用しています。
百聞は一見に如かず、ということでまずは実際の動画をご覧ください。


 

このアプリを導入するにあたり、下記のブログを参考にしました。

 

 

 

RaceChronoとは?

  • スマホ(iPhone/Android)用のアプリ
  • GPSロガーをスマホに接続して、走行ログを解析・表示できる。ラップタイム、区間タイム、タラレバベスト、速度、走行ラインなど。
  • スマホの画面にラップタイムが表示されるので、GPSラップタイマーとして使用できる。
  • GoProなどで録画した走行動画にGPSログを埋め込むことができる。ラップタイム、速度、バンク角、ベストラップと比較した速度差など。
  • Androidは無料版/有料版があり、iPhoneは有料版のみ。無料版でも大半の機能が使える。
  • 有料版はGoProと連携し、動画とGPSログの同期を自動で行う。面倒な動画の位置合わせが不要。

 

 

 

上記のような動画を撮るために必要な物

  • スマートフォン(RaceChronoをインストール)
  • GPSロガー
  • アクションカメラ

 

 

 

スマートフォンについて
iPhone、アンドロイドどちらでも可。転倒時の破損を考えると普段使っている端末は避けた方が無難です。使わなくなった古いスマホや中古品で十分。
通信機能としてSIMは不要。Wi-FiとBluetoothは必須。自宅等のWi-FiでRaceChronoアプリのインストールとアップデートを行い、BluetoothはGPSロガーとの無線接続で使用します。
中古スマホで良いのですが、あまりに古いとスマホのOSがアプリに対応していない場合があるので、システム要件を確認しておく必要があります。
またGoProと連携する場合、GoProアプリのインストールも必要になりますが、こちらは比較的新しいOSが求められるようです。あわせて確認しておきます。
アンドロイドの場合、現時点(2019年11月)の要件は以下の通りです。

  • RaceChrono・・・Android 4.4 以降
  • GoPro・・・Android 7.0 以降

ちなみに僕は「ASUS Zenfone Live (L1)」というスマホを買いました。Amazonで売っています。

ASUS Zenfone Live (L1) ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 ZA550KL-BK32/A

ASUS Zenfone Live (L1) ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 ZA550KL-BK32/A

 

 

 

 

GPSロガーについて
GPSロガーはスマホと接続するので、Bluetooth機能を備えた物に限られます。RaceChronoが公式に推奨するロガーは以下の通りです。

  • Garmin GLO 及び GLO2(アンドロイドに最も推奨)
  • Dual XGPS160(iPhoneに最も推奨)
  • Qstarz BL-1000GT

ちなみに僕は以前からLAP+用に使用している747pro(既に販売終了)を試したところ、問題なく使えています。

f:id:sundayrider:20191111214901j:plain

また、スマホ内蔵のGPS機能でログを取得することも出来ないことはありませんが、データの精度を欠くため使い物にならないようです。

 

 

 

アクションカメラ
動画撮影のアクションカメラは、どのような機種でもアプリは対応しているようです。GoProのみRaceChronoアプリ(ただし有料版)内で操作が行えて、GPSロガーのデータと自動的に同期してくれます。この機能がすごく便利です。
ちなみに僕はGoPro7 Silverを使用しています。

 

デイトナ675Rのトップブリッジ周りの写真です。

f:id:sundayrider:20191106230143j:plain

ステムホールに刺さってる丸い物体はGoPro用のマウントステーです。左ハンドル側にAim SOLO(GPSラップタイマー)。ここにRaceChronoを入れたスマホを置き換えようか思案中です。現時点では、スマホとGPSロガーはシートカウル後方に貼り付けています。それとリザーバータンクに巻いてあるのは交通安全のお守りです。安全第一。

 

 

 

改善点
大変優秀なアプリなのですが一つだけ難点を挙げると、動画の処理を全てスマホ上で行うので途方もなく時間が掛かるということです。パソコン上でもアプリを立ち上げて処理できるようになると、至極快適になると思うのですが…。

 

 

 

まとめ
アンドロイドの無料版なら手持ちのスマホと1万円台のGPSロガーさえ入手すれば、ラップタイマー&ログ解析ソフトとして、QSTARZやAim SOLOなどのGPSラップタイマーやデジスパイスよりも遥かに低いイニシャルコストで運用を始めることができます。
さらに有料版でGoProと連携させれば、比較的お手軽に上記のような動画が作れるし(無料版でも可能)、この手の数あるアプリ・デバイスの中でも完成度は高いのではないでしょうか。

 

Android無料版

 

 

Android有料版

 

 

iPhone用(有料版のみ)

RaceChrono Pro

RaceChrono Pro

  • RaceChrono Oy
  • スポーツ
  • ¥2,200

クーラント

先日のオートポリスでは冷却水漏れを起こし赤旗を出してしまいました。1週間後に九州選手権を控えたタイミング、しかも2R枠であったことから多数の顰蹙を買いました。
675Rはショップに預けたところラジエターホースの一部に小さな亀裂が見つかったとのこと。ここからクーラントが漏れ出したと見て間違いないようです。ホースを交換したら治まったとのことなので、近く走行を再開できそうです。ゴムホースの亀裂は経年劣化が原因と推測しています。

 

さて、問題の冷却水ですが一般的なクーラントは冬場に気温が0℃以下になっても凍結しないよう不凍液が添加されています。調べてみると(レースをする方なら常識かもしれませんが)、不凍液とはエチレングリコールというアルコールの一種だそうで、粘り気があり路面に付着すると滑りやすくなります(実際にクーラントを指で触ってみるとトロッとした粘度がある)。だから先日のように走行中に漏らしてしまうと危険なのです。
レースのレギュレーションでは冷却水の規定が存在します。例えばMFJの国内競技規則、ST600の技術仕様には以下の通り定められています。

5-6 水冷エンジンの冷却水は、水(レース用として一般市販されている冷却水を含む)に限られる。
不凍液の成分が含まれる冷却水は使用することができない

 

このようなことから、当初は水(水道水)を入れた方がいいのではないかとショップに相談していました。しかし水道水は毎回の走行のたびに入れ替えるなどメンテナンスにかなり気を遣う必要があるそうです。そこでショップが調べて、このようなクーラントを教えてくれました。

f:id:sundayrider:20191102204258p:plain

ケミテック PG55GP http://www.kijima.info/kemitec.html

 

レース専用品として冷却能力の高さもポイントですが、なにより重要なのは不凍液成分を含まずMFJの規定にも適合する点です。しかも単なる水道水と違い毎回入れ替えをしなければならないようなシビアさがなく、最悪半年に一度交換すれば良いとのこと。実用的です。
全日本選手権に参戦歴のあるライダーが実際に使用しているそうで、これなら安心して使うことができると感じました。
一つだけ注意点を挙げれば、不凍液を含まないので外気温が氷点下になれば当然凍結します。僕の環境ではその心配はほぼないと考えていますが、地域によってはこれからの季節、留意しておく必要があります。