ダンロップ ロードスマート4

CB1100RSは納車から走行10,000kmを迎えるにあたりタイヤを交換しました。新しいタイヤはダンロップ・ロードスマート4です。

f:id:sundayrider:20210609174349j:plain

f:id:sundayrider:20210609174401j:plain

 

 

インプレッション
簡単にインプレを記します。
空気圧は冷間でフロント2.4、リア2.7。日中の気温25℃前後で走った時の感想です。

 

ハンドリングが軽快になった
CB1100RSは、ちょっとしたカーブやレーンチェンジの際にもバイクを寝かすのに手応えがあってヨッコラショ感が強かったのですが、交換後はあまり意識せずにスッと車体が反応するようになりました。
ただし今まで使い続けたタイヤはセンターばかり減って台形状になっており、それが寝かし込み初期に重たく感じる要因の一つでした。一方で新品タイヤというのはそもそもどんな銘柄でも気持ち良く走れてしまうものです。
それらを差し引いたとしても、ロードスマート4を履いたことでどっしりと立ちの強いCB1100RSにナチュラルな軽快さが備わったことは確かで、かといってハンドリングが軽すぎてラインが定まらないような不安定さもありません。

 

極低速のセルフステア
交差点を曲がる時など極低速の際に、CB1100RSはフロントがインに切れ込む(セルフステアが強く働く)傾向があります。これは新車の時から感じていたことなのでこのバイクの性格だと思っていましたが、ロードスマート4に換えてからハンドルの切れ込みはかなり軽減されました。
個人的には低速時にセルフステアを感じるのは嫌な感覚ではなく、このバイクの特性として受け入れていました。とはいえロードスマート4を履いたほうが癖がなく、どんな人でも馴染みやすいハンドリングになったように感じます。

 

以上、難しいことは分かりませんがCB1100RSの気になる部分がうまい具合に解消されて、良い意味で「普通に走れるタイヤ」という印象です。ロードスマート4は重量車と相性が良いという話も聞くので、CB1100RSには合っているのかなと思います。

f:id:sundayrider:20210617103658j:plain

 

 

タイヤに何を望むか
タイヤを換えれば乗り味は結構変化するけれど、かといって車両の基本的な特性まで変わるわけではありません。当たり前ですがCB1100RSにパワーカップ2を履かせてもS1000RRにはなれないのですから、過度な期待をして誤ったタイヤ選びをしないよう気を付けなければと思います。
余談ながら(車両がSSであっても)公道しか走らないのにスパコルのSC1だのSC2だのを履くのは危ないからやめた方がいいです。タイヤはファッションではありません。

 

CB1100RSに関してはS22やロードスポーツ2のようなスポーツ寄りの銘柄にしても面白いかな?とは思ったのですが、僕の場合このバイクに速さを求めないしタイヤの端っこのほうも使わないので、そうしたタイヤの良さを享受できない気がします。それにグリップレベルでいえばOEMタイヤ(BSのT30)でも膝を擦れる程度の性能はあるわけで、ツーリングタイヤで不足することはないと考えています。

そういったわけで今回ロードスマート4を選んだのですが、期待通りにバランスが良く無心でツーリングできるタイヤだったので、良い買い物ができたと思います。

圧倒的に緑

定期的に発作が起きる「阿蘇に行きたい病」をまた罹患したので、治療しに行ってきました。
今回メインの目的地はこちら。

f:id:sundayrider:20210609105528j:plain

扇棚田です。田植えの時期に一度行ってみたかったのです。
ここは阿蘇の北東、産山(うぶやま)村の一箇所で、瀬の本から20分ほどの場所なのですが途中の道がかなり分かりづらく、ツーリングルートとしては穴場的なスポットかも知れません。

 

 

棚田の傍らで放牧された赤牛が草を食んでいます。完全無欠のヴィーガンです。

f:id:sundayrider:20210609105549j:plain

 

 

道中で別の牛と並んで記念撮影しました。

f:id:sundayrider:20210609105609j:plain

この後エンジン音で牛を驚かせてはいけないと思い、少し離れた場所までバイクを押していったのですが、その際に立ちゴケしそうになって腰をビキッといわせました。CB1100RSはバランスを崩すと重たい…。

 

 

場所を移して阿蘇山上へ。春先にはゴツゴツとした山肌が剥き出しだった烏帽子岳も、ご覧の通り緑が優勢です。

f:id:sundayrider:20210609105514j:plain

梅雨のこの時期はとにかく新緑の勢いが盛んで、草木の力強い生命力に圧倒されます。季節ごとに色を変える阿蘇。今回の主役は「緑」でした。

S1000RR アンダーカウル

S1000RRにアンダーカウルを装着しました。
マジカルレーシングのカーボン製。昨年S1000RRの納車前から発注していた製品が、半年経過してようやく届きました。

f:id:sundayrider:20210531172832j:plain

 

 

このパーツを装着する理由はオイル受け構造となっているからです。車体からオイルなどの液体漏れが発生した際、完全とはいかないまでも液体を受け止めて路面に撒き散らすことを防ぎます。サーキットのスポーツ走行において必須ではありませんが、装着することが望ましいパーツだと思います。
僕の場合、過去にクーラントをお漏らしして沢山の人に迷惑を掛けた苦い経験もあるので…。

 


アンダーカウルはいざという時の実用性だけでなく、見た目にもレーシーな印象に変わってカッコイイですよね。S1000RRはノーマルマフラーのメインサイレンサー(通称弁当箱)がすっぽりと隠れて、いい感じです。

f:id:sundayrider:20210531172533j:plain

 

 


留意点
このアンダーカウルを装着する際に幾つか留意すべき点が判明しました。


① 一部のネジ穴が合わない
オイルクーラー脇の前面に取り付けるネジ穴が車体側と合わず、ボルトを通すことができません。ただしこれ以外の箇所で車体としっかり固定できているので、とりあえずこのまま様子を見ます。

f:id:sundayrider:20210601105017j:plain

 

 

② 付属のサイドカバーはフレームスライダーと併用不可
マジカルレーシング製は純正のアンダーカウルを外してその部分に付け替えるのですが、純正カウルで覆われていた一部の箇所が剥き出しになるため目隠し用のサイドカバーが付属しています。

f:id:sundayrider:20210601104403j:plain

 

ところがこのサイドカバーを取り付ける位置には、既にフレームスライダー(ベビーフェイス製)を設置しているため、このスライダーを外さないと取り付けることができません。僕としては転倒時を考慮するとスライダーは絶対に必要なので、付属のサイドカバーは装着しないことにしました。

f:id:sundayrider:20210601104434j:plain

カバーは装着しなくても実用面で問題があるとは思えず、見た目にも違和感はありません(オーナーでないと気づかないレベル)。

 

 

③ エンジン二次カバーと干渉
左サイドの二次カバーが1か所、わずかに干渉します。

f:id:sundayrider:20210601104812j:plain

このアンダーカウルは完全ノーマルの車両で寸法合わせをしていると思われ、②③のようにアフターパーツとの相性は考慮されていないようです。今のところ公道を軽く走った限りでは上記を起因とする不具合は発生していません。

 

 

 

気に入っている
上記の内容に留意すれば十分実用に足るパーツだと思います。そしてカーボンの独特な質感が所有欲を満たしてくれます。
ネジ穴が合わないのは個体差かもしれませんし、他のアフターパーツとの相性はやむを得ないところです。むしろカスタム全般に言えることとして、国内の有名メーカーであってもこうした問題は起こりうるものだと了解しておくべきなのでしょう。
マジカルレーシングについてはデイトナ675Rでもレーシングカウルを使用しており、個人的に悪いイメージはありません。 あとはサーキットで実走して、下側を擦らなければ完璧です。(それでガリガリ擦るようだと使えねえな~って評価に変わってしまいますが…)

 

 

 

作業性
カウルの脱着作業そのものは簡単です。両サイド4本ずつのカウルビスで車体側と留めるだけですから、シロウトの僕でも難なく扱うことができました。おとわんができる=誰でもできる、です。

 

 

 

他社製は?
国内製のアンダーカウルとしては、他に才谷屋があります。画像で見る限りマジカルレーシング製と構造が異なり、純正アンダーカウルを装着したままそこにオイル受け部分のパーツを被せる造りになっているようです。これなら上記②③の問題は発生しないし、才谷屋によるとバンク角確保のため改良も行っているそうなので、実用面ではこちらの方が優れているかもしれません。