動画で反省

先日HSR九州の走行会に参加して、久しぶりに車載動画を撮りました。
台数の多い走行会ですから普段よりマージン多めで走ったとはいえ、自分の走りを動画で振り返るといろいろとダメな部分が見えてきます。

 

 

 

ダメな部分

  • 進入の倒し込みのタイミングが遅い
  • S字・シケインの切り返しが遅い
  • 立ち上がりのアクセル開け始めが遅い

全般的に動作がワンテンポ遅れているように感じます。
まず進入で倒し込みのタイミングが遅く、クリッピングポイントでインにつけていません。
S字やシケインの切り返しもタイミングが遅れ気味なうえ、車体の引き起こし~倒し込みのスピードが遅く、なおかつ車体が揺れて無駄な挙動が出ています。切り返しで体をスムーズに入れ替えることができていないため、車体に余計な力が伝わり揺らしてしまっています。理想は右から左(左から右)に何の引っ掛かりもなくスパンと切り返すことです。
そして立ち上がりでアクセルの開け始めが遅い。向きが変わってないから開けられないこともありますが、リアのスライドを恐れて必要以上に待ち過ぎている傾向もあるように思います。リスクを増やす方向には進みたくありませんが、現状は少し慎重過ぎるかもしれません。

 

 

 

対策
進入の倒し込みの遅れについては、「どこから寝かし始めるか」のポイントを明確に意識することと、そのポイントに向けてしっかり集中すること。それと長年染みついた走りのリズムをあえて崩して、マンネリを打破する必要もありそうです。まずは今までよりワンテンポ早い倒し込みを意識し、しっかりとインにつくこと。そこでイン付きが早すぎてマシンを起こすような状況であれば、倒し込みのポイントを少し遅らせてみる。そんな取り組みをしてみたいです。

 

切り返しの遅れと無駄な挙動は、マシンの上で体を自在に動かせていないことが原因なので、このところサボり気味だったトレーニング(筋トレ・走り込み)を再開して動ける体作りから始めなければなりません。特に暑くなるこれからはライディングでバテないためにも必須です。そのうえで体の使い方を工夫し、引っかかりのないスムーズかつ素早い切り返しができるように練習したいです。

 

立ち上がりのアクセルワークは開け始めのポイントに集中することが大切だと思いますが、進入や切り返しの動作が改善されれば向き変えも早くなり、自然とアクセルを開けていけるようになるのではと思います。

 

 

 

新型S1000RR
というわけで今回の記事は完全に自分メモ的な内容で、ここまで読み進めていただいた方にはお付き合いいただき恐縮です。


最後に、走行会では新型S1000RRが展示してありましたのでその写真を。WSBKや現在開催中のマン島TTで既に実戦投入されているようですが、日本にはまだ二台しか入っておらず、そのうちの一台だそうです。

f:id:sundayrider:20190606180008j:plain

独特なリアサスのリンクや多機能なメーター(もはや単なるメーターではなくコンピューターがバイクに載っている感じ)、絞り角が大きく開いて「肘擦りしてください」と言わんばかりのハンドルが印象的でした。きっとべらぼうに速いんでしょう。

デイトナ675R 減速比表

備忘録として675Rのスプロケットと減速比の関係をまとめます。

f:id:sundayrider:20190513185240p:plain

②比較検討表はノーマル1速を基準(100%)とした、各段数の比率を列記しています。例えばフロント14丁・リア48丁(以下14-48と表記)とした場合、1速はノーマル(15-47)と比べ9.4%ショートになります。
この表から、14-48の2速(87.9%)と17-48の1速(90.1%)が近い値となっており、同じく14-48の3速と17-48の2速、14-48の4速と17-48の3速が近い値です。従って17-48で1速低いギアを使用すると、14-48に近いレシオになることが分かります。

 

 

 

ノーマル
上表にも記載の通り、デイトナ675の最終型(2014年式~)のノーマルは15-47。旧型後期(2009~2013年式)のノーマルは16-47。

 

 

 

SPA直入/HSR九州
僕の場合、SPA直入とHSR九州はノーマルよりショートにした14-48で自己ベストを記録(SPA 47秒5、HSR 1分10秒6)。どちらのコースも、スピードが最も落ちるヘアピンを2速で回ってちょうど良い回転数。SPA直入の場合は1コーナーから最終コーナーまで、つまりストレート以外はずっと2速でOK。ノーマルの15-47だとヘアピン2速では回転数が落ちすぎるし、1速ではやや過敏でアクセルを開けづらい感じ。

 

 

 

オートポリス
オートポリスは17-48で自己ベスト2分6秒3。各コーナーのつながりはSPA/HSR同様14-48でちょうど良いのですが、ホームストレートで6速のレブに当たってしまい最高速が頭打ちになります。フロント3丁分ロングにして17-48にすると、各コーナー1段ずつ低いギアを使うことになり(ヘアピン1速)、ストレートで吹け切る心配もありません。
ただ1速から2速はレシオが離れているので、できればヘアピンは2速で立ち上がりたいところ。そこで以前14-46を試してみたら自己ベストとほぼ同タイムが出て、ストレートでレブに当たることもありませんでした。このコースに合う丁数を決めるには、もう少し走り込む必要がありそうです。

 

スプロケットのセッティングは各自の持ちタイムによって適した丁数が変わる場合があり、この記事は僕の現状のタイムを前提にして書いています。

HSR九州スポーツ走行 2019.5.4

今年のゴールデンウィークは全力で家族サービスに従事しておりました。なにせ今の世の中、CS(顧客満足)よりES(従業員満足)、そのESの土台となるのがFS(家族満足)ですから率先して実践せねばなりません。幼い子供達からもみくちゃにされつつ嫁をイライラさせないという、実現可能性の極めて低いタスクに取り組み続け疲労困憊ではありましたが、残る力を振り絞って一応バイクにも乗ってみました。HSR九州でのスポーツ走行です。

f:id:sundayrider:20190507171125j:plain

675Rの奥には何気に値打ちのありそうなバイクが並んでいます。普通にスポーツ走行してました。
この日はさぞ多くのマシンで賑わっているかと思いきや意外と閑散としていて、ピットも空きがちらほら。僕が走るS2枠も10台前後で走りやすかったです。

 

 

 

本日の目標タイム
HSR九州はここ2年間で2度走っただけ。1年に1回のペースです。自己ベストは3年前に記録した1分10秒6。直近で走ったのは半年前のRSGスクールでしたが、スランプ真っ只中で1分13秒6とベストの3秒落ち。ただ、その際に足回りの方向性にヒントをもらって、現在は緩やかに復調傾向。ということで今回は最低12秒台、11秒台に入れば御の字という目標設定にしました。

 

 

 

サスセッティング
フロントはSPA直入と同様、プリロード最弱、伸側減衰・圧側減衰とも最弱。リアは直入の時より少し低くなる設定にします。

 

 

 

本日の走行課題
走行時に心掛けるポイントは以下の3点。

  1. ニーグリップ・体のホールドを強く意識して車体の安定感を得る。
  2. 強い操作を心掛ける。ブレーキはしっかり握り、アクセルはカチッと全開にし、コーナーの寝かし込みは勢いよく。
  3. 曲がる意識を強く持つ。コーナーの先、曲がりたい方向に体ごと目線を向けて、曲がることに集中する。

どれも当たり前なことばかり。基本がしっかり出来てサスセッティングが決まっていれば、それだけでそこそこのタイムは出るもの。それが出来ていないから気持ちよく走れないしタイムも出ないんです。基本が出来ないのに小手先のテクニックやMotoGPライダーの物真似をしても得るものはありません。走行機会の限られる僕ら一般ライダーは、ひたすらに基本を追い求めるほか上達の道はないと考えています。

 

 

 

結果
少しリアを下げたこととマシンホールドの意識で車体に安定感があり、あまり怖さを感じずに走ることができました。ペースを上げていっても無理をしている感覚はなく、前向きな積極性がタイムにも反映される感じ。最終的には11秒3が本日のベストで、自分なりの目標を達成できました。

f:id:sundayrider:20190508083940p:plain

 

 

 

タイヤの状態
走行後のタイヤの様子です。
フロント 
f:id:sundayrider:20190507181615j:plain

 

 

リア(左側)
f:id:sundayrider:20190507181701j:plain

 

 

リア(右側)
f:id:sundayrider:20190507181801j:plain

リアは逆履きにしましたが、荒れもなく健全な状態に見えます。

 

 

比較のため走行前、つまり前回SPA直入を走った後のリアはこんな感じです。

f:id:sundayrider:20190507182625j:plain

この酷いアブレーションが今回の走行で綺麗に消えました。乗り手の調子や走りの状態によって、タイヤの表情は如実に変化することが分かります。

 

 

今回は一日を通じて気持ちよく走ることができて、ここ2年間で一番充実した走行だったように思います。今日のような走りを続けていけば徐々に自信もついて、いつかまた自己ベストを更新できる日が来るかもしれません。

f:id:sundayrider:20190507183800j:plain