読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sunday Rider's Log

トライアンフ・デイトナ675Rでツーリングとスポーツ走行の両立を目指します

    オートポリス&SPA直入 ハシゴ練習会

    お世話になっているショップがオートポリスとSPA直入をハシゴして練習する企画を立てたので、参加してきました。
    午前中はオートポリスへ。

    f:id:sundayrider:20161124224715j:plain

    ピット1枠を貸し切ってバイク7台を並べます。1枠貸切が2,000円、7台で割ると1台当たり300円弱。これで確実にピットを確保できると考えれば安いもんです。

    f:id:sundayrider:20161124224711j:plain

     

    走行の方は相変わらず台数が多くてコース内が混雑した状況でした。それは仕方がないとして、問題は我々の2輪枠と交互に組まれていた4輪枠です。10時半の走行でオイル漏れが発生し、その処理のため11時からの2輪枠が潰されます(12時からに変更)。コースのオイル処理が終わって11時半から再度4輪の走行となったのですが、この枠は大荒れで3回くらい赤旗が出た挙句、またもやオイル漏れが発生。結局その後の12時に振り替えられていた2輪の走行枠はキャンセルとなってしまいました。

     

    僕達は午前中でオートポリスを切り上げて直入に移動する予定だったので、やむなくオートポリスは最初に1本走っただけで撤収です。もう怒り心頭です。だいたいね、10時半の枠で4輪がオイルを撒いて直後の2輪枠を潰したのだからオイル処理が終わった11時半の4輪枠を2輪枠に回せば良いのに、そのまま4輪を優先した結果さらに2輪に迷惑かけるってどんだけ〜って感じでした。

     

    今年からオートポリスは施設内の設備破損等に対し費用を請求する旨のアナウンスがなされています。

    施設の破損とその標準価格についてお知らせ

    オイル処理は10mにつき5,000円だそうです。今回のオイル漏れは1ヘア先の左100Rからジェットコースターストレートまで続いていて、距離にすると1km前後あったように感じました。仮に1kmとして5,000円×100=500,000円となりますが、これ、オイル漏れを起こしたドライバーにちゃんと請求しているんでしょうかね…。
    次は僕が転倒して赤旗の原因を作るかもしれないのでお互い様とはいえ、今回はちょっと目に余るものがありました。

     

    さて、これでオートポリスを撤収し、今回ご一緒のみんなはSPA直入に向かいます。しかし諦めきれない僕だけは一人居残り練習することに。午後の走行は2輪、4輪ともトラブルなく通常通りの進行でした。僕自身は自己ベストをわずかに更新したものの、この日の目標タイムには届かず。でも、午前中のグダグダを乗り越えて最終的にはしっかり走り込めたので満足です。

     

     

     

    それから急いで撤収し、SPA直入を走るトラ仲間の見学に向かいます。
    まず3コーナー付近。
    I社長。すごく久しぶりなスラクストンはやっぱり断トツにカッコいいです。

    f:id:sundayrider:20161124224547j:plain

    f:id:sundayrider:20161124224448j:plain

     

     

    Tメカニック。

    f:id:sundayrider:20161124224551j:plain

     

     

    Sさん。デイトナ675をネイキッド化したような見た目ですが、実はストリートトリプルに675のシートカウルを移植しているそうです。

    f:id:sundayrider:20161124224452j:plain

    f:id:sundayrider:20161124224455j:plain

     

     

    Yさん。

    f:id:sundayrider:20161124224445j:plain

    f:id:sundayrider:20161124224545j:plain

     

     

    Hさん。

    f:id:sundayrider:20161124224542j:plain

     

     

    続いて4コーナー付近。
    Tメカニック。ライディングに対する熱意がとても強く、来年あたり劇的に速くなるのではと思います。

    f:id:sundayrider:20161124224605j:plain

    f:id:sundayrider:20161124224706j:plain

     

     

    Sさん。上体の伏せ具合やイン側ステップへの足の置き方がカッコいいです。写真映えのするフォームだと思います。

    f:id:sundayrider:20161124224607j:plain

    f:id:sundayrider:20161124224701j:plain

     

     

    Hさん。余裕を感じさせるフォームで安定感があります。

    f:id:sundayrider:20161124224602j:plain

    f:id:sundayrider:20161124224657j:plain

     

    SPA直入に到着したのが遅くなったので全員分の写真は撮れませんでした。夕方になって周辺が暗く、僕の腕不足と望遠レンズの性能不足のせいで画質があまり良くありません。こうやって人のライディングシーンを撮影していると、良い望遠レンズが欲しくなりますね…。

    SPA直入スポーツ走行 2016.11.3

    11月3日・文化の日は「晴れの特異日」とされ、ほぼ間違いなく晴天が約束された日です。僕は昔からこの日はバイクに乗ると決めています。(去年も、おととしも)

     

    今年も例年にならいSPA直入に向かいました。お世話になっているショップからも走りに来ていたのでご一緒します。

    f:id:sundayrider:20161107202624j:plain

     

     


    SPA直入を走るのは4か月ぶりとなりました。久しぶりに走るとこのコースはタイムを出すのが難しいな、と改めて思います。オートポリスとHSR九州はいわゆるサーキットらしいサーキットで、減速→曲がる→加速の構成が明確です。対してSPA直入は連続するコーナーをアクセルワークで抜けていく区間が多くを占めていて、このコース特有のリズムを掴まなければ気持ちよく走れません。オートポリスやHSRのリズムで走ろうとしてもうまくいかないのです。とりわけ今回はスプロケットがオートポリスに合わせたロング仕様のままだったこともあり、全体的にチグハグな走りに終始して自己ベストの1秒落ちくらいでした。
    それでも、僕にとってSPA直入の雰囲気はやっぱり特別で、この日はトラ仲間のほかにもサーキットで久しぶりにお会いする方もいて、いろいろとお話ができた楽しい一日でした。

     

     

     

    最後に、ご一緒したトラ仲間の走行写真を。
    (写真の掲載に問題がある場合はメールフォームにてご一報ください)
    初期型675を駆るNさん。
    f:id:sundayrider:20161107202712j:plain

    f:id:sundayrider:20161107202721j:plain

     

     

     

    スピードトリプルのYさん。ハイエースに心を奪われている模様。
    f:id:sundayrider:20161107202825j:plain

    f:id:sundayrider:20161107202827j:plain

     

     

     

    ダイナミックなライディングフォームのFさん。
    f:id:sundayrider:20161107202952j:plain

    f:id:sundayrider:20161107202957j:plain

     

     

     

    Tメカニックは綺麗なライン取りで走っていました。
    f:id:sundayrider:20161107203336j:plain

    f:id:sundayrider:20161107203338j:plain

    オートポリス スポーツ走行 2016.10.30

    秋晴れのもと、オートポリスでスポーツ走行を楽しんできました。4月の熊本地震から立ち入りできない状態が続いていましたが、コースが復旧し10月より営業再開です。これまで週末は雨続きで久しぶりの快晴とあって場内は大賑わい、特に2輪の走行枠である2SPは上限の60台に達していたようです。

     

    ピット貸切
    事前に予約をするとピットの貸切ができると聞いたので、試しに予約してみました。1日借りても1枠2,000円です。いかんせん一人で来ていたので場内混雑の中ピット1枠を1台で独占するのは非常に気が引けたのですが、宮崎から来たというお二人のライダーから相席させてほしいとタイミングよく声が掛かったので、ご一緒することに。ホッとしました。

    f:id:sundayrider:20161031223905j:plain

     

     

    左側が僕の使っていたピット、右隣りはカワサキの選手権組、全日本ST600ライダーもちらほら。

    f:id:sundayrider:20161031223906j:plain

     

     

     

    スプロケット交換
    これまでスプロケットは14-47(ノーマル15-47からフロント1丁落とし)でした。これでオートポリスを走るとホームストレートで6速吹け切ってしまうので、今回はフロントを17丁に変更し17-47に。これによってヘアピンは1速、他のコーナーは2速使用が中心、ホームストレートは5速までという組み立てになりました。フロント3丁分ロングにするのは相当大きな変更ですが、各コーナーとも感触は概ね良好、後半の上り区間(ガード下あたり)のみやや失速気味なのでリア1~2丁分ショートにしてもいいかな、という感じでした。ただ、この区間はもう少し走り込むことで速度を乗せられるようになれば丁度いいかもしれません。
    ホームストレートの最高速は以前の14-47では6速吹け切って238km/h。今回は5速で241km/h(いずれもGPSロガー計測値)。最終コーナーの走り方と1コーナーのブレーキが良くなればもう少し伸ばせそうです。

     

     

     

    渋滞するサーキット
    とにかく走行の台数が多いうえに、激速の全日本ライダーから僕のような「サンデーライダー」まで様々なバイクが入り混じっての走行ですから至る所で渋滞が発生していました(僕も渋滞を作る側ですが)。クリアラップなど絶望的で、遅いバイクを1台抜くだけならともかく、遅い1台に引っかかった後続数台がラインを乱している中をかいくぐって抜いていくのは、なかなかにスリリングというかカオティックな状況でした。真剣に練習に来ている人達はフラストレーションが溜まったのではないでしょうか。

    f:id:sundayrider:20161031223908j:plain

     

     

     

    スピードに慣れる
    オートポリスはSPA直入やHSR九州と比べて全体的に速度域が高いので、久しぶりに走るとスピードに対する恐怖を感じますね。最初のうちは目と体をスピードに慣らす必要があります。
    例えば、乗用車で高速道路(公道)を走る際、100km/hで走っていると初めのうちは「結構スピード出てるな」と感じるものです。これが仮に(仮定の話ですよ)140km/hで30分とか1時間くらい走り続けた後に100km/hまで速度を落とすと、同じ100km/hなのに随分ゆっくり走っているように感じるはずです。サーキットもこれと同じで、目が慣れるまでは「うわー、やっぱりオートポリス速いわー、怖いわ―」ってなります。
    僕にとってはそもそも走り込みが足りないコースで漠然とした恐怖感が拭えないこともあり、全体的にバンク角が浅く、それぞれのコーナーに対する充実感が得られない状態ではありました。

     

    タイムはとりあえず10秒を切っていますが、まだまだタイムについて語れるような段階ではありません。(じゃあ何秒で走ったらタイムについて語れるのか? という話ではありますが…)

    f:id:sundayrider:20161031223903j:plain