Sunday Rider's Log

トライアンフ・デイトナ675Rでツーリングとスポーツ走行の両立を目指します

    SPA直入 二週続けてスポーツ走行

    二週連続でSPA直入に行ってしまいました。

    f:id:sundayrider:20180501191558j:plain

    昨年は675Rで一度しか走らなかったのに、今年は既に4回目です。しかしながら回数を重ねるたびに走りの内容もタイムも悪化して、完全にドツボにはまっております。

     

     

     

    一週目
    まずは先週。朝イチ直入に到着すると、お隣ピットは新たな変態バイクを手にしたKさんでした。KTMの690DUKE Rです。

    f:id:sundayrider:20180501191525j:plain

    Kさんは運動神経が抜群でどんなバイクでもポンポンとタイムを出してしまう人です。ニューマシンでもさっそくいいペースで走っていました。マシン的には46秒台のポテンシャルがあるそうで、差し当たり48秒台が最初の目標といったところでしょうか。

     

     

     

    二週目
    続いて今週。タイヤは前回まで履いていたスーパーコルサから、メッツラーのレーステックRRに戻します。ニュータイヤです。

    f:id:sundayrider:20180501191659j:plain

    肝心のタイムはというと先週のベストが49秒4、今週は50秒3でした。新品タイヤを履いて必死に走って50秒すら切れないとは一体どういうことかと混乱しています。1年前に同じタイヤ(中古)で走ったタイムより3秒遅い結果です。

    f:id:sundayrider:20180501192301j:plain

    問題なのは、何が悪いのか原因を把握できていない点です。自分の走りに問題があるのか、問題があるとして何が良くないのか、あるいは車体側に問題があるのか。原因がわからないから改善の糸口も掴めず希望が持てません。どんより暗い気持ちのまま直入から帰宅の途に就きました。
    しかし一晩明けて冷静に振り返ってみると、自分のライディングに問題があるとしてもさすがにそれだけで3秒も悪化するとは(過去の経験からして)考えにくいので、別に原因があるはずです。

     

     

     

    問題点の整理
    現状で感じている問題点を整理します。

    • 車体の安定感がやや欠けており、グリップ感(接地感)も乏しい。そのため自分の体を思い切って車体に預けることができずバンク角も浅い。
    • 以前のセットと比べてリアがやや動きすぎているようで、ウネウネとした動きが不安感に繋がっているかも?
    • マシンがコーナーで全然曲がっていない。インフィールド区間でKさんのKTMを後追いしたところ、同じ速度でコーナーに入ると曲がり切れず全くついていけない。47秒で走っていた頃はインフィールド区間に関しては選手権ライダー(国内)でもさほど離されることはなかった。(ヘアピン立ち上がり以降で大きく差がつく)
    • フロントへの過度な荷重を避けるため、後ろ乗りで重心を車体のセンター~リアに保つよう意識すると車体の安定感は増すが、タイムは悪化する。昨年まではこの乗り方で旋回性も増しタイムが大幅に向上していた。

    昨年末に前後サスをオーバーホールに出した際、セッティングも見直してもらったのですが、新しいセットに僕が馴染めていないのかもしれません。現セットは前後ともさらに良く動く方向で、その良さを僕が引き出せていないようです。

    1. リアが動きすぎている
    2. コーナーの旋回性が足りていない
    3. 後ろ乗りするとさらにタイムが悪化する

    この三点からリアが低いのではないかという単純な発想に至るわけですが、果たしてその通りなのか。次回の走行からは昨年までの数値も参考にしながら、サスセッティングを試行錯誤する必要がありそうです。

     

    果たしてトンネルの出口は見えるのでしょうか…。