Sunday Rider's Log

トライアンフ・デイトナ675Rでツーリングとスポーツ走行の両立を目指します

    スクリーン交換

    久しぶりのツーリングに出掛けました。二見ヶ浦から七山を通り抜け、三瀬を越える爽快ルートでした。

    f:id:sundayrider:20140908231246j:plain

    途中、三瀬のマッちゃんにて。
    タイガーをはじめトライアンフの他のマシンに囲まれると、675Rはひときわコンパクトに見えます。

     

     

    スクリーンはクリアに限る
    そういえばフロントカウルのスクリーンを社外品に交換しました。ゼログラビティのダブルバブルです。

     

    ノーマルスクリーン
    f:id:sundayrider:20140908231332j:plain

     

    ゼログラビティ(ダブルバブル)
    f:id:sundayrider:20140908231340j:plain

     

    ごく個人的な意見ですが、僕はフロントカウルのスクリーンはクリアタイプに限る、と思っています。スモークはもちろんミラースクリーンなど論外で、それらは675Rのようなスポーツバイクのレーシーな雰囲気を台無しにしてしまうと感じます。ライスポに掲載されているマシンでミラースクリーンなど、ただの一台でも存在するか?という話です。
    具体的な理由を挙げるのであれば、スクリーンに求められる機能は防風(整流)性と視認性であって、外見を重視するあまり機能(視認性)を損なうようなことでは本末転倒だと思うのです。特に視認性は安全に直結する大切な要素ですから。(本当に個人的な好みの問題なので、スモークやミラーのスクリーンにしている方がこの記事を見たとしたら、すいません)