読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sunday Rider's Log

トライアンフ・デイトナ675Rでツーリングとスポーツ走行の両立を目指します

    SPA直入スポーツ走行

    前回の走行から日を置かず再びSPA直入に向かいます。

    f:id:sundayrider:20140724234945j:plain

     

     

    Baby Face バックステップ

    f:id:sundayrider:20140722231038j:plain

    ものすごく鋭利なローレット加工が施されたステップバー。素手で触ると怪我をしかねません。

     

    ステップポジションは6ポジション可変。加えてシフトペダル・ブレーキペダルの位置も細やかに調整できます。特に秀逸なのがシフトペダルで、ペダルの高さだけでなくステップバーからの位置(爪先のどの位置にペダルが当たるか)も調整できるほか、正・逆チェンジも簡単に変更可能。トライアンフ純正のクイックシフターも加工無くそのまま使えました。

    f:id:sundayrider:20140722231558j:plain

    ハーフバンクで加速・シフトアップする状況で確実なシフト操作を行うにはペダルの位置調整が重要で、そのようなこともしっかり考慮された造りになっていると感じました。

     

     

    タイヤ
    ナラシの期間中温存していた新車時のタイヤに履き替えました。ピレリのスーパーコルサSPです。プロダクション(レース用)タイヤであるスーパーコルサの公道バージョンです。

    f:id:sundayrider:20140722235901j:plain

    このタイヤを履くのは初めてなので適正な空気圧が分かりませんが、とりあえず前後とも温間で2.0~2.1くらいに適当に合わせておきました。
    それにしても、つやつやと光るまっさらな新品タイヤを見ると、なぜか心がウキウキしてしまうのは僕だけでしょうか?

     

     

    1本目
    最初の走行では体慣らしを兼ねて、サスの設定も前回と同じまま。

    f:id:sundayrider:20140723113608j:plain

    ベビーフェイスのバックステップは効果絶大で、足が滑ったり踏み外すようなことは一切ありません。シフトタッチは的確かつ誠実で慎み深い感触。純正ステップでは1速からのシフトアップでクイックシフターがうまく作動しない場面もありましたが、そのような状況も皆無でした。
    しっかりと体をホールドできるようになったせいで、車体の動きも前回より安定した印象。ただ、リアサスが少し動きすぎるきらいがあり、特にヘアピンからの立ち上がり加速でリアの沈み込みが大きく、気持ちよくアクセルを開けていけません。

     

    フロントフォークの残ストロークはまだ余裕があります。

    f:id:sundayrider:20140724211618j:plain

    1本目のベストは50秒0。

     

     

    2本目
    2本目はリアの減衰を強めてみました。

    f:id:sundayrider:20140723114306j:plain

    これでヘアピン立ち上がりの沈み込みも抑えられ、リアは良い感触になってきました。
    タイムもようやく50秒を切って49秒6。

     

    フロントの残ストは結構ギリギリな感じ。

    f:id:sundayrider:20140724211632j:plain

     

     

    3本目
    次に、残ストの余裕がなくなってきたフロントの減衰を強めます。

    f:id:sundayrider:20140723114323j:plain

    フロントの安定感も少し出てきて走りやすくなりました。ところがタイムが伸びず、50秒中盤がやっと。「???」と首をかしげているうちに自分の体力が尽きてしまい、この日はここで終了となりました。

     

     

    走行を終えて
    ステップとサスセッティングの変更で、とりあえずスポーツ走行を楽しむ下地はできてきました。
    同時に問題点も明らかになったので、次回はその原因と対策を考えつつ、さらにサスセッティングを試行錯誤してみたいと思います。

    f:id:sundayrider:20140724211544j:plain