Sunday Rider's Log

トライアンフ・デイトナ675Rでツーリングとスポーツ走行の両立を目指します

    邂逅

    新型デイトナ675R、初めて実機を目にする機会を得ました。

    f:id:sundayrider:20140207232113j:plain

      

     

     

    f:id:sundayrider:20140207232219j:plain

    この車両は本国(イギリス)仕様とのこと。
    日本仕様はマフラーの形状が変更されるそうです。

      

     

     

    f:id:sundayrider:20140207232238j:plain

     

     

     

    f:id:sundayrider:20140207232254j:plain

    中央に見えるのがオプションのフレームスライダー。
    従来のプリン型と異なり、見た目に違和感がありません。

     

     

     

    f:id:sundayrider:20140207232309j:plain

    メーター周り。

     

     

     

    f:id:sundayrider:20140207232326j:plain

    トップブリッジ。オーリンズのフロントフォークは上面右側に「REB」(伸側)、左側に「COMP」(圧側)の文字が記載されています。伸側・圧側の減衰調整を左右独立して行うのでしょうか。

     

     

     

    f:id:sundayrider:20140207232344j:plain

    リアのオーリンズは減衰調整のダイヤルが手の届きやすい位置に。
    プリロード調整は工具を使用するタイプ。

     

     

     

    f:id:sundayrider:20140207232359j:plain

    ブレンボのブレーキキャリパー&オーリンズのフロントフォーク。

     

     

    日本仕様の発売は3月中旬。オーリンズの前後サスやブレンボのブレーキシステムに目が行きがちですが、フレーム・エンジンを含め旧型から一新されたパッケージでどのような走りをするのか、大変興味深く思います。