読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sunday Rider's Log

トライアンフ・デイトナ675Rでツーリングとスポーツ走行の両立を目指します

    テックスペック グリップスター

    デイトナ675Rが納車して3か月が経過、ようやく走行距離も1,000kmを超えたものの、慣らし運転はまだまだ継続中です。昨日もいつもと同じルートを走り、いつもと同じ景色を眺めていました。 慣らし運転についてマニュアルでは、 960km~1,280km 7,000回転まで…

    タンクパッドとサス調整

    日曜日は所用でバイクに乗れずじまい。少しだけ空いた時間でグリップスター(タンクパッド)をペタペタ貼っていました。 この製品は貼り直しが何度でもきくので、位置合わせが気楽にできます。今回は「スネークスキン」という材質を選びましたが、手で触って…

    操作系小考

    先週の日曜日も地道な慣らし運転に没頭していました。前週に走った三瀬峠~嘉瀬川ダムのルートを、今回はソロで向かいます。三瀬峠というのは福岡-佐賀の県境を成す峠で、昔から走り好きなライダーが集う場所でもあります。道幅が狭く、見通しはほぼブライ…

    慣らしは儀式

    日曜日はお世話になっているショップのツーリングに参加しました。三瀬峠から嘉瀬川ダムを経由して佐賀大和へ抜け、再び三瀬を越えて戻るルートです。 嘉瀬川ダムの脇を通る道はアップダウンに富む気持ちの良いルートでした。 本日150km走行し、延べ900kmに…

    慣らしは修行

    デイトナ675Rのタンクには慣らし運転の手順について記載があります。 0km~480km 5,000回転まで 480km~960km 6,000回転まで 960km~1,280km 7,000回転まで 1,280km~1,600km 8,000回転まで デイトナ675Rが納車して2か月、なかなか乗る時間が取れず走行距離…

    サスペンション 設定値の確認

    デイトナ675Rのサス設定値を確認しておきます。マニュアルには走行のシチュエーションに合わせ、サーキット/標準(スポーツ)/コンフォートと、3種類のセッティングが記載されています。 フロントのプリロードは、反時計回りに回しきった位置から時計回り…

    慣らしショートツー

    週末は慣らしを兼ねた超ショートツーリング。まずは出発前に写真撮影。 リアカウルの造詣が素敵です。 タイヤはサーキットで2時間ほど使用済みのものを移し替え。慣らし中に新品タイヤはもったいないし、ゆっくり走るだけなら使い古しで十分。 予想外の好天…

    納車、ファーストインプレッション

    デイトナ675R、納車の日を迎えました。 ディーラーを後にして軽く2時間ほど流して走った印象です。まずエンジンについては慣らしで5,000回転の縛りがあるものの、この回転域でもトライアンフ特有の3気筒の世界観を味わうことができます。3気筒エンジンは…

    入荷

    日曜日はディーラーへ。デイトナ675R、入荷していました。見た目で一番気になるのは、日本仕様のサイレンサー。 かろうじて許容範囲でしょうか。海外の仕様を見た後だと、本来は完結しているはずの場所からよそよそしいパイプがニョッキリ生えているようにも…

    契約

    本日、ディーラーにてデイトナ675Rの注文書にサインしました。 オプションで購入するものは以下の通り。 まだ現物が届いていませんので写真はありませんが、上から順に補足すると… 延長保証(新車)購入時、車両に対し2年間のメーカー保証が付与されています…

    邂逅

    新型デイトナ675R、初めて実機を目にする機会を得ました。 この車両は本国(イギリス)仕様とのこと。日本仕様はマフラーの形状が変更されるそうです。 中央に見えるのがオプションのフレームスライダー。従来のプリン型と異なり、見た目に違和感がありませ…